So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
建築系美術ラジオ ブログトップ

安藤忠雄講演会 [建築系美術ラジオ]

安藤忠雄.png

昨日、南泰裕さんの国士舘大学に行って、安藤忠雄さんの講演を聴きました。面白かったです。文化勲章までもらって偉くなられているのに、なかなかの毒舌家であって、凄いズピードで、次々にご自分の建築を紹介しながら、あっさりと、深く立ち入らないで話して行かれる話術は、なかなか凄いものでした。

タグ:安藤忠雄

壁画と塔/福島県南相馬の被災者用仮設住宅 [建築系美術ラジオ]

和歌の塔.jpg





私としては、五十嵐さんの『記憶に残る仮設住宅』という塔を作るプロジェクトに、思想的に共感しています。

そこで提案したのは、私の57577の和歌や俳句の詩形を使ったウッドペインティングです。ミニマルアートの和風版とも言うべきものですが、同時にストライプの美術の和風的展開です。

五十嵐さんの塔は、檜の角材を積みあげた構造ですが、これを57577に塗りわけてみたいのです。

和歌の塔にして、当時に被災者に和歌や俳句を詠んでもらって、これらを集めて出版をする。出版に関しては、地元の新聞社の協力が必要でしょう。その本の口絵に五十嵐さんと私の集会場と塔の建築と壁画を掲載する。

3/11の記憶を和歌や俳句にして残すことを建築としてつくる。

五十嵐さんの心象風景として記憶に残る仮設住宅というコンセプトを、文字どうりに実現して本を出版し、さらに英訳して海外出版する。

和歌や俳句は、英訳されていて、短詩形として評価が高いものです。しかも世界的に有名になつたFUKUSIMAの和歌と俳句です。

3.11の地震/津波、そして原発事故の被害を受けた苦しみを和歌や俳句で表現して、それをこの災難の記憶として後世に残して行く。苦しみを受けるという受苦というものの中には、聖なるものが宿るのです。人間が生きるという事は大変な事で、その苦しみの中で、人間は聖なるものに出会い、そして人格を磨き成熟して行くのです。そのような記憶を、モニュメントとして屹立させる。その助けになるような壁画制作ができればと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ピクチャ-14.jpg
五十嵐太郎さんが、福島県の仮設住宅を木造のログハウスの設計に関わっていて、そこに作る集会施設の木造建築に絵を描かないかという提案を、彦坂尚嘉にしてくださいました。

差出人 igarashitaro

件名 仮設構築物の壁画

日時 2011610 7:58:03:JST

宛先 hiko


彦坂尚嘉様


いま南相馬市で、
仮設住宅地につくる集会施設の基本設計を
うちの研究室でやっています。

下記のコンセプト文のように、
仮設の暮らしを終えても、
記憶が残るような塔状の構築物を提案しているのですが、
一種の壁画があったらよいのでは、
と考えています。

下記の構築物は木造です。

ウッドペインティング的になるかどうか
わかりませんが、
彦坂さん、
ご興味があるでしょうか。

完成は8月のスケジュールです。

五十嵐太郎



場所は福島県の南相馬市です。ですので、五十嵐さんは、次のようにも心配してくださっています。


彦坂尚嘉様

ご存知のように、
今回の敷地となる
南相馬市は東京よりも原発に近いので、
もしそのことを気にされていて、
制作を躊躇されるのであれば、
早めにいってください。

こちらも次善の策をたてることができます。

原発から離れろ、
という主張は理解していますので、
やらないというのも、筋が通っていると思います。

ただ、
ひっぱって結局やらないことになると、
こちらも次善の策がたてられないまま、
たんに壁画のない建築に終わってしまうので、
なるべく
そうした事態は避けたいと考えています。

五十嵐

 私のメールの返事が、1日遅れたので、心配をかけたのですが、東京ー京都を往復するのにエネルギーをとられて、メールを見るのが遅れたのです。確かに地理的には南相馬市は、福島原発のすぐ隣で、放射線量も東京よりは多い所ですが、私自身は、この企画に魅力を感じて参加させていただく事にしました。数値で言うと,東京で0.15マイクロシーベルト/時出に対して,南相馬市は、だいたい3倍から4倍の放射線量があります。
 人はいろいろと誤解するでしょうが、東京電力の失策による原発事故からの疎開の行動と、仕事や使命感をもって原発事故近くの建設に参加する事は、別の事です。事故に対して退避する時は退避し、参加する時には参加する。多くの人は、こうした冷静な判断と早い退避を理解できないのです。そもそも多くの人は、素早く理解し、速く移動する事ができないものなのです。それは生物学的な保守性に縛られています。



次にご紹介するのは、その最初の企画書です。内容的には動いてきているようですので、最終案ではありませんが、五十嵐太郎さんの「記憶に残る仮設住宅」という最初の設定は、すぐれたもので、胸を打つものがあります。

●仮設建築プロジェクト メモ              五十嵐太郎 2011.6.07

 

ほとんど水平に展開する、南相馬市の仮設住宅地。

まわりも農家と新興住宅地が続き、平坦な風景が広がっている。

そこには垂直の要素が欲しい。

 

きっと、それはいつか仮設住宅地を離れて暮らすようになったときでも、

記憶のなかに残る心象風景となるだろう。

おそらく、それはログハウスのエリアのためだけの存在ではなく、

隣のブロックの仮設住宅地からも見えるはずだ。

もしかすると、川の向こうの均質な仮設住宅地からも

角度によって異なるかたちに見えるかもしれない。

 

ここだけの仮設構築物ではない。

 

 

仮設構築物には、

持ち運びができるベンチが建築的に組み込まれている。

 

居住者はそのベンチを外し、好きな場所で使うことができる。

仮設住宅地のあいだのストリートや川沿いで、

語らいの場が生まれる。

隣の仮設住宅地にもっていってもよい。

 

仮設構築物がそこの場所だけで機能するのではなく、

ほかの場所にも介入できる装置として、

家具と一体化した建築になる。

 


ピクチャ 1.jpg

ピクチャ 2.jpg

ピクチャ 3.jpg

ピクチャ 4.jpg

ピクチャ 5.jpg

ピクチャ 6.jpg

ピクチャ 7.jpg

ピクチャ-8.jpg

ピクチャ-9.jpg

ピクチャ 10.jpg
ピクチャ 11.jpg

ピクチャ-12.jpg




ピクチャ-13.jpg

ピクチャ-14.jpg


ピクチャ-16.jpg

ピクチャ-17.jpg

ピクチャ-18.jpg

ピクチャ-19.jpg

ピクチャ-20-04-46-12.jpg

ピクチャ-21.jpg

ピクチャ-31-05-00-03.jpg


ピクチャ-32.jpg

ピクチャ-33.jpg

続きは下記をクリックしてください。





福島県の仮設集合施設 [建築系美術ラジオ]

ピクチャ-14.jpg
五十嵐太郎さんが、福島県の仮設住宅を木造のログハウスの設計に関わっていて、そこに作る集会施設の木造建築に絵を描かないかという提案を、彦坂尚嘉にしてくださいました。

差出人 igarashitaro

件名 仮設構築物の壁画

日時 2011610 7:58:03:JST

宛先 hiko


彦坂尚嘉様


いま南相馬市で、
仮設住宅地につくる集会施設の基本設計を
うちの研究室でやっています。

下記のコンセプト文のように、
仮設の暮らしを終えても、
記憶が残るような塔状の構築物を提案しているのですが、
一種の壁画があったらよいのでは、
と考えています。

下記の構築物は木造です。

ウッドペインティング的になるかどうか
わかりませんが、
彦坂さん、
ご興味があるでしょうか。

完成は8月のスケジュールです。

五十嵐太郎



場所は福島県の南相馬市です。ですので、五十嵐さんは、次のようにも心配してくださっています。


彦坂尚嘉様

ご存知のように、
今回の敷地となる
南相馬市は東京よりも原発に近いので、
もしそのことを気にされていて、
制作を躊躇されるのであれば、
早めにいってください。

こちらも次善の策をたてることができます。

原発から離れろ、
という主張は理解していますので、
やらないというのも、筋が通っていると思います。

ただ、
ひっぱって結局やらないことになると、
こちらも次善の策がたてられないまま、
たんに壁画のない建築に終わってしまうので、
なるべく
そうした事態は避けたいと考えています。

五十嵐

 私のメールの返事が、1日遅れたので、心配をかけたのですが、東京ー京都を往復するのにエネルギーをとられて、メールを見るのが遅れたのです。確かに地理的には南相馬市は、福島原発のすぐ隣で、放射線量も東京よりは多い所ですが、私自身は、この企画に魅力を感じて参加させていただく事にしました。数値で言うと,東京で0.15マイクロシーベルト/時出に対して,南相馬市は、だいたい3倍から4倍の放射線量があります。
 人はいろいろと誤解するでしょうが、東京電力の失策による原発事故からの疎開の行動と、仕事や使命感をもって原発事故近くの建設に参加する事は、別の事です。事故に対して退避する時は退避し、参加する時には参加する。多くの人は、こうした冷静な判断と早い退避を理解できないのです。そもそも多くの人は、素早く理解し、速く移動する事ができないものなのです。それは生物学的な保守性に縛られています。



次にご紹介するのは、その最初の企画書です。内容的には動いてきているようですので、最終案ではありませんが、五十嵐太郎さんの「記憶に残る仮設住宅」という最初の設定は、すぐれたもので、胸を打つものがあります。

●仮設建築プロジェクト メモ              五十嵐太郎 2011.6.07

 

ほとんど水平に展開する、南相馬市の仮設住宅地。

まわりも農家と新興住宅地が続き、平坦な風景が広がっている。

そこには垂直の要素が欲しい。

 

きっと、それはいつか仮設住宅地を離れて暮らすようになったときでも、

記憶のなかに残る心象風景となるだろう。

おそらく、それはログハウスのエリアのためだけの存在ではなく、

隣のブロックの仮設住宅地からも見えるはずだ。

もしかすると、川の向こうの均質な仮設住宅地からも

角度によって異なるかたちに見えるかもしれない。

 

ここだけの仮設構築物ではない。

 

 

仮設構築物には、

持ち運びができるベンチが建築的に組み込まれている。

 

居住者はそのベンチを外し、好きな場所で使うことができる。

仮設住宅地のあいだのストリートや川沿いで、

語らいの場が生まれる。

隣の仮設住宅地にもっていってもよい。

 

仮設構築物がそこの場所だけで機能するのではなく、

ほかの場所にも介入できる装置として、

家具と一体化した建築になる。

 


ピクチャ 1.jpg

ピクチャ 2.jpg

ピクチャ 3.jpg

ピクチャ 4.jpg

ピクチャ 5.jpg

ピクチャ 6.jpg

ピクチャ 7.jpg

ピクチャ-8.jpg

ピクチャ-9.jpg

ピクチャ 10.jpg
ピクチャ 11.jpg

ピクチャ-12.jpg




ピクチャ-13.jpg

ピクチャ-14.jpg


ピクチャ-16.jpg

ピクチャ-17.jpg

ピクチャ-18.jpg

ピクチャ-19.jpg

ピクチャ-20-04-46-12.jpg

ピクチャ-21.jpg

ピクチャ-31-05-00-03.jpg


ピクチャ-32.jpg

ピクチャ-33.jpg

続きは下記をクリックしてください。





続きを読む


安谷屋正義展 [1〜3/3]/沖縄のモダニズム [建築系美術ラジオ]

2(18).jpg

建築系美術ラジオ

収録日時:2011年02月06日
収録場所:沖縄県立博物館・美術館近くのファミリーレストラン
収録時間:25分00秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:11.7MB
PLAY出演者:上原誠勇+安座間安司+中川晋介+栃原比比奈+彦坂尚嘉

2011年1月に沖縄県立博物館・美術館でひらかれた安谷屋正義の回顧展についての討議を全三回でお送りします。今回は第二次世界大戦後に活躍した画家、安谷屋正義がどのような人物かを時期は異なるが戦後の沖縄で活躍したロックバンド、紫(むらさき)と比較しながら語っていきます。(伊東一馬)

・出演者プロフィール
上原誠勇(うえはら・せいゆう)
画廊沖縄

安座間安司(あざま・やすし)
美術評論家

中川晋介(なかがわ・しんすけ)
アニメション作家、美術家

栃原比比奈(とちはら・ひいな)
美術家。1977年生まれ。2001年多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。2000年より中野区の知的障害者施設のスタッフとして、ダウン症や自閉症、重度の知的障害者などが絵を描くプロセスと作品を研究。2001年よりサンエックス(株)勤務、2004年退社。2010年彦坂尚嘉アトリエ(気体分子アトリエ展)、ギャラリー山口にて個展

・関連項目
沖縄県立博物館・美術館

 

 

art14.jpg

PLAY



出演者:上原誠勇+安座間安司+中川晋介+栃原比比奈+彦坂尚嘉


沖縄における美術は昔と今ではだいぶ変わってきているようです。外からの影響を受けながら、現代アートとして変化をしていきますが、それが肯定的に受け入れられるのかということを問います。沖縄に近代美術館が建つということが、何を意味しているのか、話を聞いていくにつれて深い歴史と今の関係が分かっていきます。(香野あゆみ)

47001266_2524_1.jpg


沖縄県立博物館・美術館  2007年11月1日開館

建築系美術ラジオ

収録日時:2011年02月06日
収録場所:国立近代美術館内レストラン/アクア
収録時間:26分19秒
ファイル形式:MP3形式
ファイルサイズ:12.3MB
PLAY出演者:上原誠勇+安座間安司+中川晋介+栃原比比奈+彦坂尚嘉

2011年1月に沖縄県立博物館・美術館でひらかれた安谷屋正義の回顧展についての討議、第二回目です。具象美術・抽象美術の系譜、またグローバリズムとオリエンタリズムの流れを追うことによって安谷屋の美術がどのように位置づけられるのかを語っていきます。(吉田民瞳)

 


建築系美術ラジオ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。