So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
現代音楽 ブログトップ

デンクとサイモン/6400次元まである音楽 [現代音楽]

第6400次元まである音楽、しかも《超次元》から第6400次元まであるという多重層芸術=Multi-layered Art 

とは何なのか?

これを具体的に聞いてみてほしいと思います。

一つは、現代音楽、もう一つはロックです。

まずは、イギリスの現代音楽家のクリス・デンクです。
1953年生まれ。オーストラリア在住。
独学の作曲家です。



クリス・デンク フルート、バスクラリネットとピアノのためのに 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

次は、ポール・サイモンです。
サイモンとガーファンクル」という形で有名ですが、
サイモンはソロになってから、その凄みを発揮してきます。

クリス・デンクと関係があるとすれば、6400次元までの多重層性があると言う事だけです。
つまり、この二つを聞いてくださって、6400次元まであると言う事の感覚を味わっていただければと思います。

それは決して聞きやすいものではありません。

そしてもう一つ、この様な多重性の芸術=Multi-layered Art というのは、近代芸術/現代芸術の中には無かったのです。正確に言えば、このような超多層性は、意志的に排除されていたのです。つまり近代が終わって、パンドラの箱が開いて、その全貌が浮上し始めたのです。その事が重要ですが、同時に、それ故に、このようなMulti-layered Artを高く評価する人は、まだ少数派なのです。



 Super-multilayered art 



クリス・デンク/6400次元まである音楽 [現代音楽]



フルート、バスクラリネットとピアノのためのクリスデ
現代音楽 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。