So-net無料ブログ作成

第111回気体分子6400 彦坂尚嘉 個展『3.11東日本大震災4部作』 第3部『原子心母』 (締め切り5月20日金曜日21:00) [気体分子ギャラリー]

この作品シリーズの4部作は、チャリーティ作品です
作品を販売した収益の全額を東日本大震災の義援金として寄付いたします
この条件は将来にわたって継続されます

n.hikosaka原子心母#4blog.jpg

アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11原子心母#4
No.111【1105013_04】



第111回気体分子6400
彦坂尚嘉 個展『3.11東日本大震災4部作』

第3部『原子心母』


n.hikosaka原子心母#1blog.jpg



アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11原子心母#1
No.111【1105013_01】



この作品はネットに流れている報道写真を素材にして、
そのプロポーションやレンズのゆがみ、画像のコントラストや色彩を大幅に変更操作する事で改竄を行い、鑑賞芸術作品に転化した作品です。


n.hikosaka原子心母#2.jpg




アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11原子心母#2
No.111【1105013_02】

3.11という日本の全歴史においても、世界史においても、大きな大転換になった大災害を、芸術作品として記憶し、記録しようとする試みです。
事実の記録としての報道写真を、芸術作品へと転化する事で、東日本大震災で亡くなられた多くの方々の無念の思いを悼むアイオーンとするものです。





n.hikosaka原子心母#3blog.jpg


アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11原子心母#3
No.111【1105013_03】


この作品制作に関する著作権侵害等の責任のすべては彦坂尚嘉が負っています。
表現というものは、事実と芸術性の二重性を持っていると彦坂尚嘉は考えます。事実というのはこの場合、報道写真が持つミメーシス性ですが、それだけでは不十分であって、それを芸術へと転化するマニピュレーションは、人類の文化創造において重要だと信じます。したがって今回のような報道写真の芸術作品への転換と言う操作的な芸術制作行為は、今回の惨劇の重要性に鑑みて、正当性をもつものと思った次第です。そしてこれらの作品の販売によって得た収益
の全額を東日本大震災の義援金として寄付することで、亡くなられた多くの方々を追悼するものです。

【続きは下記を見てください】



6400次元というものは、何なのだろうか?
このことは、別のブログで、丁寧に書いて行きたいとは思います。

小学生にでも分かりやすく言うと、普通に現実を見るまなざしであると言えます。つまりファンタジーとして現実を見るのではなくて、重層的な現実を、事実は事実として見て行く努力をする事です。その視覚は、奇妙な事に、バーチャルリアリティの向こう側に存在しているのです。

「事実を見る」ということは、たいした事ではないのですが、そんな当たり前のことを見て行く事がむずかしかったという事よりも、そういう事を自覚化することがむずかしかったように思います。

実際には大多数の人間は、実は多くの事を見る事が嫌で、嫌な事は見ないで、ファンタジーを見ています。そして浅く狭く見て生きているのです。そのことは、しかし非難や否定はできないのです。どのように浅く狭く短く生きようとも、全てが肯定される必要があるのです。つまり表現としての美術作品は、単一ではなくて複数制作される必要があります。少なくとも2つある必要があるということになります。

二つというのは、他者に向かって、他者が求める「浅さ」であるイメージをつくることと、自分自身が「深く」瞑想する美術作品です。《超次元》〜《第6400次元》まである美術は、多くの人に好かれるものではないのです。


別バージョン 



Radioactivity

(締め切り5月20日金曜日21:00)

radioactivity#1blog.jpg


アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11Firebird#1
制作年:2011年
ペーパーサイズ: 210×297mm
素材: 顔料インクジェット EPSON写真用クリスピア 高光沢

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
No.111【1105013_05】彦坂尚嘉 3.11Firebird#1
入札開始価格:10,000円
即 決 価格:50,000円




radioactivity#2blog.jpg

アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11Firebird#2
制作年:2011年
ペーパーサイズ: 210×297mm
素材: 顔料インクジェット EPSON写真用クリスピア 高光沢

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
No.111【1105013_06】彦坂尚嘉 3.11Firebird#2
入札開始価格:10,000円
即 決 価格:50,000円

radioactivity#3blog.jpg



アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11Firebird#3
制作年:2011年
ペーパーサイズ: 210×297mm
素材: 顔料インクジェット EPSON写真用クリスピア 高光沢

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
No.111【1105013_07】彦坂尚嘉 3.11Firebird#3
入札開始価格:10,000円
即 決 価格:50,000円

radioactivity#4blog.jpg




アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11Firebird#4
制作年:2011年
ペーパーサイズ: 210×297mm
素材: 顔料インクジェット EPSON写真用クリスピア 高光沢

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
No.111【1105013_08】彦坂尚嘉 3.11Firebird#4
入札開始価格:10,000円
即 決 価格:50,000円

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


彦坂尚嘉責任による
[ 彦坂尚嘉 Radioactivityシリーズ]の芸術分析


《想像界》の眼で《超次元〜第6400次元》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《超次元〜第6400次元》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《超次元〜第6400次元》の《真性の芸術》


《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界をもつ重層的な表現。
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の5様態をもつ多層的な表現。


《シリアス・アート》と《気晴らしアート》の同時表示。
《ハイアート》と《ローアート》の同時表示。
シニフィアンとシニフィエの同時表示。つまりシーニュである表現。
理性脳と原始脳の同時表示。

《透視画面》と《原始平面》の同時表示。
 オプティカル・イリュージョンと『ペンキ絵』の同時表示。
【A級美術】と【B級美術】の同時表示。

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《世間体のアート》《形骸》《炎上》《崩壊》の全概念梯子が有る。

《原大衆芸術》《原イラストレーション》《原デザイン》《原シンボル》の概念梯子が有る。

芸術とキッチュの同時表示。

作品空間の意識の大きさが《宇宙》である。
《愛玩》《対話》《驚愕》《信仰》《瞑想》の全てがある。
情報量が100である。
クリエイティヴである。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

SATA

You Tube動画が始まってすぐの栃原さんの水彩はいいですね。
by SATA (2011-05-15 20:32) 

ヒコジイ

SATA様
ありがとうございます。
彼女の作品よいですよ。
by ヒコジイ (2011-07-29 17:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。