So-net無料ブログ作成

第110回気体分子6400第2部『火の鳥』 /彦坂尚嘉 個展『3.11東日本大震災4部作』(加筆2画像再差し替え41つ削除) [気体分子ギャラリー]

第110回気体分子6400
彦坂尚嘉 個展『3.11東日本大震災4部作

第2部『火の鳥
(締め切り5月18日水曜日21:00)

 

外部世界を見る見方には、色々なものがあります。私自身は、この他人が持っている視覚の多様性に苦しめられて来たと思います。つまり中学生の時から美術館:博物館巡りを始めて、私自身が良いと思わないものが国宝や重要文化財になっていることから、とにかくそれを目で暗記する努力をしてきました。つまり自分の中学生の感覚を素朴に肯定するのではなくて、国宝や重文のような目利きが選んだものを基準として、自分の目を育てようとする方向を選んだのですが、ところが社会は変貌して、つまらない下劣な美術作品を喝采する時代になったのです。

それは私だけではなくて、多くの人が人間関係に苦しむ原因の中心に、この他人の視覚の多様性があると思います。社会が下劣なものを評価する時代になっただけではなくて、万能感のある子供じみた人物が増えて、そういう自己中心的な野蛮なまなざしが、無責任に横行する時代になったからです。

 もちろん、人それぞれであって、同じものを見たり、同じものを聞いていても、同一とは全く言えない別のものを見たり、聞いたりしているのです。この感性の多様性を肯定しなければなりません。音楽を聴いたり絵画を見ても言えるのですが、しかしそれは今回の東日本大震災と福島原発事故では、際立ってその違いがあぶり出されたと感じました。

一つは《想像界》だけの視線で《第6次元 自然領域》だけから見る見方で、極めて直接的で短期的な視線であって、外部を見るというよりも、世間体との関係が優先されているもので、人数的には一番多いのかもしれません。

 もう一つは《第1次元 社会的理性領域》を中心にしてみる見方で、これも世間体重視で、必ずしも外部の事実を事実として直視する視線ではありません。《第6次元 自然領域》だけの視線に比べれば、格を意識して高くとろうとする視線で、抑圧的なものです。
 《第1次元 社会的理性領域》と《第6次元 自然領域》のこの2つの視線は基本的なものですが、同時に伝統的な視覚と言えます。
 
 この伝統的な視覚によっては、今日の情報化社会の時代変化をとらえる事はむずかしいし、福島原発事故という回収不能の事故そのものをとらえることはできないと言えます。それでも社会そのものは、この2つの視線を中心にして動いていきますが、その無理は、未来の破綻として出てきます。

 今回の彦坂尚嘉個展の第2部は、前半は、151〜200次元だけの視覚の作品を4点並べます。この視覚は、外部を純粋にイメージとして見ていて、表層性のみの《想像界》だけの視覚と言えます。こういう作業は、デジタルな画像操作がphotoshopで可能であることと、彦坂尚嘉の言語判定法の技術の組み合わせで可能になったものです。
 新しい非-伝統的な外部の見方は、今日ではバーチャルリアリティに基礎をおいて、そこだけで見ようとする見方です。その基本は、101次元から200次元性にありますが、若い人の音楽に聴こえるものは151次元から200次元に焦点をおいたものがあって、これがより表層的です。そこで実際の画像として作ってみました。この軽さというか、表皮性を笑う事はできますが、しかし人間の視覚そのものの本質的な軽薄さを凝縮している事において、普遍的であると思います。
これは極めて流行的な視覚ですが、同時に今の時代の渇望観をとらえています。


彦坂尚嘉3.11火の鳥#1.jpg

アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11火の鳥#1
制作年:2011年
ペーパーサイズ: 210×297mm
素材: 顔料インクジェット 180kgケント紙 マット
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
No.110【110510_01】彦坂尚嘉 3.11火の鳥#1
入札開始価格:5,000円
即 決 価格:30,000円




彦坂尚嘉3.11火の鳥#2jpg.jpg

アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11火の鳥#2
制作年:2011年
ペーパーサイズ: 210×297mm
素材: 顔料インクジェット 180kgケント紙 マット
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
No.110【110510_02】彦坂尚嘉 3.11火の鳥#2
入札開始価格:5,000円
即 決 価格:30,000円





彦坂尚嘉3.11火の鳥#3.jpg
アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11火の鳥#3
制作年:2011年
ペーパーサイズ: 297× 210mm
素材: 顔料インクジェット 180kgケント紙 マット

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
No.110【110510_03】彦坂尚嘉 3.11火の鳥#3
入札開始価格:5,000円
即 決 価格:30,000円





彦坂尚嘉3.11火の鳥#4jpg.jpg
アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11火の鳥#4
制作年:2011年
ペーパーサイズ:297× 210mm
素材: 顔料インクジェット 180kgケント紙 マット
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
No.110【110510_04】彦坂尚嘉 3.11火の鳥#4
入札開始価格:5,000円
即 決 価格:30,000円



続きは下記をクリックしてください。
6400次元まである作品がならんでいます。


2の別バージョン 
Firebird
(締め切り5月18日水曜日21:00)



もう一つは、伝統的とも言えないわけではありませんが、6400次元までの広範な多重層性で見る見方です。

この画像もまた、手描きでも、作ろうと思えばできますが、しかし操作性においてはデジタル画像だからこそ実現できるものです。

 そうして作った作品として、
6400次元まである作品を4点並べます。

 前半と後半は同じ画像の操作の違いなのです。

 6400次元まである作品の視覚は、イメージなのですが、そこには物質性どころか、極めて多様な重層性として現実へのまなざしがあり、へきへきとなさる方が多いかもしれません。


firebird#1さしかえblog.jpg




アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11Firebird#1
制作年:2011年
ペーパーサイズ: 210×297mm
素材: 顔料インクジェット EPSON写真用クリスピア 高光沢

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
No.109【1105010_05】彦坂尚嘉 
3.11
Firebird
#1
入札開始価格:10,000円
即 決 価格:50,000円



firebird#2.jpg

アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11Firebird#2
制作年:2011年
ペーパーサイズ: 210×297mm
素材: 顔料インクジェット EPSON写真用クリスピア 高光沢

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
No.109【1105010_06】彦坂尚嘉 3.11Firebird#2
入札開始価格:10,000円
即 決 価格:50,000円

firebird#3.jpg

アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11Firebird#3
制作年:2011年
ペーパーサイズ: 210×297mm
素材: 顔料インクジェット EPSON写真用クリスピア 高光沢

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
No.109【1105010_07】彦坂尚嘉 3.11Firebird#3
入札開始価格:10,000円
即 決 価格:50,000円


firebird#4.jpg
アーティスト:彦坂尚嘉
作品題名:3.11Firebird#4
制作年:2011年
ペーパーサイズ: 210×297mm
素材: 顔料インクジェット EPSON写真用クリスピア 高光沢

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
No.109【1105010_08】彦坂尚嘉 
3.11
Firebird
#4
入札開始価格:10,000円
即 決 価格:50,000円

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

彦坂尚嘉責任による
[ 彦坂尚嘉 「Firebirdシリーズ]の芸術分析


《想像界》の眼で《超次元〜第6400次元》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《超次元〜第6400次元》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《超次元〜第6400次元》の《真性の芸術》


《想像界》《象徴界》《現実界》《サントーム》の4界をもつ重層的な表現。
プラズマ/気体/液体/固体/絶対零度の5様態をもつ多層的な表現。


《シリアス・アート》と《気晴らしアート》の同時表示。
《ハイアート》と《ローアート》の同時表示。
シニフィアンとシニフィエの同時表示。つまりシーニュである表現。
理性脳と原始脳の同時表示。

《透視画面》と《原始平面》の同時表示。
 オプティカル・イリュージョンと『ペンキ絵』の同時表示。
【A級美術】と【B級美術】の同時表示。

《原芸術》《芸術》《反芸術》《非芸術》《無芸術》《世間体のアート》《形骸》《炎上》《崩壊》の全概念梯子が有る。

《原大衆芸術》《原イラストレーション》《原デザイン》《原シンボル》の概念梯子が有る。

芸術とキッチュの同時表示。

作品空間の意識の大きさが《宇宙》である。
《愛玩》《対話》《驚愕》《信仰》《瞑想》の全てがある。
情報量が100である。
クリエイティヴである。



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

しょうこ

火の鳥1から4が見ることが出来ません。
私だけでしょうか・・・(汗)
by しょうこ (2011-05-14 19:03) 

ヒコジイ

しょうこ様
コメントありがとうございます。
画像、差し替えました。

お元気ですか。
現地には少しは慣れましたでしょうか。
メールください。
hiko@ja2.so-net.ne.jp

by ヒコジイ (2011-05-21 21:30) 

2011-05-14 19:03のしょうこ


同名別人だと思います。
by 2011-05-14 19:03のしょうこ (2011-05-21 23:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。